R-1ヨーグルトを使用して、ギリシャヨーグルトを作ってみたけど問題なく美味しいです(´∇`)

R-1ヨーグルトを使用して、ギリシャヨーグルトを作ってみたけど問題なく美味しいです(´∇`) 育児絵日記

ヨーグルトメーカーを購入して、実際に作ってみましたけど、水気を飛ばして作る『ギリシャヨーグルト』なるものが美味しすぎて激はまり中です。ヨーグルトメーカーは元種があれば、ヨーグルトでも粉末でも液体でもいいみたいなので、健康にいいといわれる『R-1ヨーグルト』を使用してギリシャヨーグルトを作ってみました。

☆関連記事☆

 

kuvings(クビンス )KGY-713SMの紹介サイトはこちら☆

スポンサーリンク

R-1ヨーグルトを使用して、ギリシャヨーグルトを作ってみたけど問題なく美味しいです(´∇`)

材料はR-1ヨーグルト・牛乳だけ!あとは混ぜるだけ!!

 

R-1ヨーグルト ギリシャヨーグルト まずは、材料をセットするところからスタートです。

真ん中がR-1ヨーグルトです。ドリンクタイプなわけですが、賞味期限が極端に短いです。正直、大量購入するには向きませんので、1本ずつかうことにしました。僕のエリアのスーパーでは1本:120円ぐらいです。

右:牛乳です。1Lです。 こちらは170円程度。ヨーグルトと牛乳の金額を足すとちょうど300円ぐらいになります。

R-1ヨーグルトを使用して、ギリシャヨーグルト まぁつくるのは普通のヨーグルトつくるのとおなじで難しいことはなく、本当にただ『混ぜるだけ』です( ̄∀ ̄) [笑]

 

『kuvings(クビンス )KGY-713SM』 節約 兼業主夫 あとは本体に設置して、8時間後ヨーグルトが出来ます。
そのあとさらに付属の濾し器でヨーグルトと水分を分離させたらギリシャヨーグルトの完成です
ヨーグルトが出来たので、濾します。この時点ではまだノーマルなヨーグルトです。

ここからさらに時間をおきます。3~6時間ぐらいたつといい感じに水分が出きります。

予定通り、とてももっちりまろやかでソフトクリームみたいな感触になりました。ギリシャはブルーベリージャムとしっかり混ぜると本当に美味しくて困ります(´ε`;)

なんていうか、『クリームチーズ』を食べている感覚に近いです。まぁ、ギリシャヨーグルトは別名『チーズヨーグルト(ヨーグルトチーズ?)』っていうみたいですからね。そういった気持ちになるのはわからなくはないですね。

そういえば、ギリシャヨーグルトだと水分を取り除くので、用意した材料の重量よりだいぶ減ります。

実際は600gぐらいまで減りました。そういう意味では通常のヨーグルトでとどめておいたほうが分量は多く食べることができるのかな?って思いました。

kuvings(クビンス )KGY-713SMの紹介サイトはこちら☆

 まとめ

結果的には、とても美味しいR-1製ギリシャヨーグルトを作ることが出来ました。

元種に『カスピ海ヨーグルト』でも『R=1ヨーグルト』でも正直味についてはそこまで差はないと思います。

であるならば、自分のどういった面で健康に気をつけたいかで使う元種を使用すればいいのではないのかな?と思いました。どうやらギリシャヨーグルトもカスピ海ヨーグルトもR-1ヨーグルトもそれぞれ健康面での長所がそれぞれ違うみたいですし。

今後はいろんなヨーグルトや牛乳を使用して自分に合ったヨーグルトを造ってみたいと思います

それではまた別の記事で!!

kuvings(クビンス )KGY-713SMの紹介サイトはこちら☆

☆関連記事☆

 

コメント