世帯の携帯料金の見直し〜格安SIMで固定費節約を検討〜

携帯料金 固定費見直し 節約 格安SIM 節約術

こんにちわ、白味噌です

前回、GMOとくとくBBにて世帯の通信環境をWiMAX2ホームルーターを使用して1年間節約した記事を書きかました。

固定費削減!GMOとくとくBB HOME L01Sを1年間使った感想
こんにちわ、白味噌です。 白味噌家では、2018年11月からGMOとくとくBBでWiMAX2のホームルーター型を契約しています 契約後、丁度一年ほど経過しましたので、レビュ...

 

 

今回は白味噌家にていまだ大きな金食い虫であるauキャリアを契約中である奥さんの携帯料金の見直しを図り、固定費を削減する記事を書きたいと思います。

スポンサーリンク

現在の通信環境契約状況について

これまでにそれなりに色々節約のため、通信環境の契約を見直してきました。

2020年1月現在の白味噌家の通信環境は下記になります

2020年1月時点 契約内容

<白味噌 携帯電話>
楽天モバイル(格安SIM):2400円

<奥さん 携帯電話>
iphone6s(キャリア:au):6000円 ←ここを早く変えたい(´ε`;) 

<自宅通信回線>
白味噌家(白味噌・奥さん共有):据え置きホームルーターL01S :3521円

<合計金額>
11921円

僕の通信ももうすこしばかり落とせそうな気がしますが、それよりも先に奥さんの『キャリア携帯』の変更を考えるべきと判断。

 

今のところ、やはり携帯料金削減を実施するにはMVNO会社の格安SIMを導入することが一番なので、そこをまずは検討していきたいと思います。

 

 

どこのMVNO格安SIMと契約するか??

奥さんの要望を確認

白味噌は自分が使用する通信会社が格安simながら、あまり格安SIMについて調べたことがなかったのでいい機会と思い、格安SIMのまとめ本的なものを購入しました。(800円ぐらい)
SIMフリー完全ガイド 格安SIM最強ランキング2020
色々みてみましたが、最近は格安SIMの種類も増えたんだなとおどろきました。
白味噌がFREETEL(格安SIM)から楽天モバイル(格安SIM)をに契約を変更したときは、楽天市場での購入が増えていたのでポイント還元をより多くもらえるよう狙ったのと、『楽天電話』なる『10分間無料電話サービス』を実施していたのが決め手でした。
格安SIMのデメリットとして、『意外と電話料金がかかってしまう点』が挙げらたので、無料電話がオプション無料で付属していたのはいいメリットでした。
お陰さまで、1700円程度を節約できました(一月あたり)
さて、話を戻すと奥さんの格安SIM検討を考えるには『奥さんが携帯電話契約に求めること』を考慮して考えてあげたいです
奥さんに聞き取りした結果が下記になります。

<奥さんの携帯電話の要望

①iphone 11を使用したい(現在iphone6を使用中(汗)6年間も使用したとのこと。)

②電話は無料で多少使用したい(10分程度)
③通信料は最低限で大丈夫(動画・ゲームはほとんどしない)
④料金が安くなれば良い(現在6000円)
⑤特に業者にこだわりはない(どこでもいい)

というように上記の内容でした。

奥さん的には、特に①と④が満たせればあとは白味噌にお任せしてくれるとのこと。

上記を踏まえて白味噌が達成するべきオーダーは

①いかに安くiphone11を購入するか

②出来るだけキャリア時代と変わりない使用体感でMNVO業者を選択してあげること

③料金を少しでも下げること
と思ったので、これらについてクリアできるよう考えました。

結果①:iphone11はアップルストアで購入!!

この項目が一番悩んだのですが、結局『キャリア→MVNO』となると、iphone11を安く購入できる手段が思いつかず、結局アップルストアから購入するのが一番早く安いと判断しました。
アップルストアで購入すれば、『simフリー携帯』としてiphoneが手に入るので、MNVO会社と契約したときに行動が移しやすいのです。キャリアだとsimロック解除を改めて後日実施しなければいけないのでそれはそれで面倒くさいですからね(⌒-⌒; )
楽天市場やアマゾンなどの通販会社も調べたのですが、それほど値段に違いがなかったので、それなら購入が確実なアップルストアでの購入がいいのかなと思いました。
奥さんの無料契約変更期間が2月からスタートするので、iphone11だけアップルストアで先に購入して、後日MVNO会社と契約したいと思います。

結果②:格安SIM業者は、UQモバイルで決定!!

プランは3ギガのSプラン:1980円コースに決定

SIMフリー完全ガイド 格安SIM最強ランキングに書いてあったのですが、UQモバイルはバランスが非常にいい( ̄▽ ̄)

 

雑誌に書いてあったのは下のような内容でした。

・『700円/月』だけど、『10分間電話無料』が付いている

・『sプラン』が通話可能型のsimで『1980円という安さ』で『3ギガ』のデータ通信容量を持っている

通信速度が安定して速い!!(4mbbs以上の速度が24時間常に確保できていた)

・料金が契約時とずっと一律でかわらない

つまり、合計金額『2680円』で『10分の無料電話可能』・『3ギガ』・『ネット通信が早い』・『ずっと料金が変わらない』というメリットを享受きます。

auキャリア時代と比べると通信スピードは落ちるものの、それでも格安simとしては十分すぎる能力であるのは間違いなく、安く電話も使えるならかなり満足感が高いと思いました。

 

もしも駄目なら契約を解約すればいい!!

2019年10月から契約解除料金がほとんどかからなくなったので、格安sim業界を試してみるならどんどん試せるのがいいところです。

残念ながら白味噌は2019年10月まえから楽天モバイル(2年契約)で契約しているので、まだ後1年間楽天モバイルを利用しないといけません( ´;ㅿ;`)

まぁ楽天モバイルに不満はないのでこのままでもいいんですけどね( ̄▽ ̄)

とにかく、駄目だったらすぐ解約すればいいぐらいので気持ちで、UQモバイルを試せばいいと思います。

 

UQモバイルに変更したら、どのくらい節約できるか?

さて、実際にUQモバイルに契約変更したらどれくらいの節約になるのかは下記のような感じになりそうです。

携帯料金(一月)
現在の契約 au(キャリア) 6000円
変更先 UQモバイル 2680円
一月 節約金額 3320円
1年 節約金額 39840円

節約金額は3200円/1ヶ月になりました。

1年の節約金額は38400円に(・・;)

・・・かなり大きい節約ができそうできることがわかります

 

 

とりあえず、最初にアップルストアでiphone11を購入して、そのあと2月になったらAUを契約解除して、そのあとUQモバイルに変更したいと思います。

使用体感は長い間使用してみないとわからないので、6ヶ月ぐらい使用したら感想を書きたいと思います。

 

 

まとめ

さて、今回は白味噌世帯の奥さんの携帯電話固定費見直しの記事について書きました。

 

後日、実際にiphone購入・UQモバイル契約といきたいと思います。

 

実際に使用した感想は1年ぐらい使用してみないとわからないところもあると思いますので、ゆっくり様子をみていきます。

 

今回はここまでです。ここまでみてくださってありがとうございました。

 

次の記事でお会いしましょう!!

↓GMOとくとくBBにて『WiMAX2ホームルーターを使用して世帯のネット環境を間節約した記事です

固定費削減!GMOとくとくBB HOME L01Sを1年間使った感想
こんにちわ、白味噌です。 白味噌家では、2018年11月からGMOとくとくBBでWiMAX2のホームルーター型を契約しています 契約後、丁度一年ほど経過しましたので、レビュ...

 

コメント